女性ホルモンを増やす方法を知れば健康を手に入れられる

婦人

新しい血糖値検査の方式

女の人

ヘモグロビンに関する機能

ヘモグロビンa1cは、血糖値の状況が正常か確かめるスタンダードとして健康診断などで採り入れられています。ヘモグロビンa1cというのは、過去の1から2ヶ月の血糖の数値の様子を把握できる検査値になります。血糖の数値は、食べ物や運動などによって数値が変わります。現在まで、10時間以上食事を取らなかった血糖の数値がいわゆる空腹時血糖値という形で血糖の数値の確認として活用されていました。しかしながら、空腹時血糖値につきましては水を除いて飲用してはいけないなど規制も数多くあって、計測に苦労すること、あるいは慢性化してしまった高血糖かを確認するには適正な検査の数値でありませんでした。ヘモグロビンa1cは、血中のヘモグロビンに対してブドウ糖が結びついたヘモグロビンのボリュームを見定めることで慢性化してしまった高血糖を認識できます。ヘモグロビンの寿命に関してはおおむね4ヶ月で、僅かずつヘモグロビンに対してブドウ糖が結び付きます。そして、ヘモグロビン全てのうちどれくらいにブドウ糖が結び付いているか確認することで、直近の2ヶ月くらいの血糖の数値を推測することができます。ヘモグロビンa1cの検査の数値は国際基準という形でも取り入れられており、これから先は高血糖を検査するスタンダードの検査値になると考えられます。ヘモグロビンa1cを低下させるには、食生活を見直すのみでも修正できます。血糖値を下げるポイントは、適正カロリーに抑え、栄養配分のよい食事を取ることです。一日あたりのカロリーを栄養配分の良い食事内容に変えることが必要不可欠になります。